季節の変わり目に多い体調不良。一気に改善する対策

「過ごしやすい季節になってきたはずなのに、なんだか体の調子が良くない」と感じている方がいるのではないでしょうか?
季節の変わり目は体調を崩しやすいといわれています。一体、なぜなのでしょうか?今回はその原因や対策などをご紹介します。

季節の変わり目も快適に過ごして、次の季節も思いっきり楽しみましょう!

いつごろ、どんな症状が出るの?

体調を崩しやすい季節の変わり目では、昼と夜の気温差や月平均の気温の寒暖差が大きくなります。具体的には、9~11月、3~4月、6~7月頃には注意が必要です。

これらの時期によく見られる症状の一つとして、頭痛が挙げられます。キリキリする、頭が重く感じるなど、痛みの種類は人それぞれのようです。
肌荒れも起こりやすく、ニキビやかゆみが生じることがあります。
この他、肩こり、不眠、倦怠感、目の疲労などがみられることがあります。

さらにひどくなると、内耳のリンパが増えて水ぶくれの状態になる「メニエール病」になる方もいます。メニエール病になると、難聴などを伴うめまいが繰り返し起こります。胃痛や胃の不快感、腸の不調によって下痢と便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」のほか、口の渇きや味覚障害、嘔吐、過食や拒食などがみられることもあります。

体だけでなく、心にも不調が現れることもあります。情緒不安定になり、気分が落ち込む方もいるようです。

原因は自律神経の乱れかも

季節の変わり目の体調不良の原因として、寒暖差やストレスなどによって自律神経のバランスが崩れることで生じる自律神経の乱れが挙げられます。
自律神経には、昼間や活動時に作用する「交感神経」と夜間やリラックスしているときに働く「副交感神経」の2種類があります。これらがうまくバランスを取って作用することで、体温や発汗の調整、呼吸、循環、代謝などがスムーズに行われています。

しかし、寒暖差が大きくなると、体温や発汗をひんぱんに調整しなければならなくなるため、2つの神経のバランスが崩れてしまいます。
また、季節の移り変わる時期は寒暖差が大きいだけでなく、環境が大きく変わることもあります。異動に伴う引っ越し、進学や進級など、生活に変化が起こりやすい時期です。こうしたことによるストレスや生活リズムの変化も、自律神経の乱れや体調を崩すことの要因になっていると考えられています。

対策のカギは、食事・睡眠・リラックス

季節の変わり目を健康で過ごすには、自律神経のバランスを崩さないように心掛けることが大切です。そのためには、できるだけ決まった時間に寝起きして食事もきちんと取るなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。


自律神経のバランスを整える食べ物を積極的に食べるのも効果的です。例えば、秋の味覚を代表するサンマには、ビタミンB6やB12が含まれています。ビタミンB群には、神経の働きを正常に保つ役割があります。ストレスをためこんだ状態が続くと消費されやすく、不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなります。カツオやウナギなどにも含まれるので、日頃からしっかり取り入れましょう。
昆布やワカメ、ヒジキなどに含まれるマグネシウムと一緒に摂取するようにすると、ビタミンB群の働きを助けるのでより効果的です。

この他、干ししいたけ、キウイフルーツなどに含まれるマンガンは神経過敏を和らげ、牛乳やニボシなどに含まれるカルシウムは、イライラした気持ちや興奮を抑えて眠りにつきやすくする働きがあります。
また、コーヒーなどのカフェインの摂取をやめ、自律神経に良いお茶を飲むのもいいでしょう。ルイボスティーなどは自律神経のバランスを調整してリラックスできるようです。

睡眠をたっぷりとることも重要です。寝ている間は副交感神経が優位に働き、体や心を休ませてくれます。40℃前後の湯をバスタブにはり、10分以上ゆったりとつかると寝付きが良くなり、ぐっすり眠ることができるようです。

ストレスを多く感じているときは、心身をリラックスさせる副交感神経が優位に働くように対策を取りましょう。暗めの照明の部屋で静かな音楽を聞くことや、ラベンダーなど鎮静作用のあるアロマの香りでのんびりと寛ぐいただり、自律神経を整えるようなヨガがオススメです。

季節の変わり目に起こりやすい不調を改善するポイント


朝と夜の寒暖差や昨日と今日の気温差が激しい季節の変わり目、こういう時に気をつけたいのが、“自律神経の乱れ” です。

変化する気候と体の状態が差ができるので、調子を崩しやすいのですね。

気候の変化を外部からのストレスと置き換えた時に、それに対向するには、身体の“自律神経を整える”ことです。

自律神経を整えるとは?

自律神経には、“交感神経”と“副交感神経”があり、全身のほとんどの器官はこの“交感神経”と“副交感神経”の支配を受けています。
その両方の働きをバランス良くすること、スムーズに切り替えができることが大切です。

その二つの神経がうまく作用させることが、“自律神経を整える”ということになります。

・交感神経が優位になっているとき

起きている時、緊張している時、活発に活動する時に交感神経が優位に働いています。
主要な神経節が脊柱近くにあります。
血管の収縮、心臓の鼓動が増加している状態です。

・副交感神経が優位になっているとき

眠っている時、リラックスしている時、活動が少ない時は副交感神経が優位に働いています。
主要な神経節は内臓を通っています。
血管の拡張、心臓の鼓動は減少している状態です。

つまり、このふたつの神経がそれぞれバランスよく働いてくれ、切り替えのスイッチが機能している状態が理想です。
日中活発に動いて交感神経を働かせて、夜はしっかり睡眠をとって副交感神経が優位になるように過ごすのが理想なのですが、気候の変化で夜に十分眠れなかったりすると、その分次の日の昼に眠くなったりして、リズムが崩れてしまいます。
それが続くと、さらに夜に交感神経が働いてしまって眠れなくなったり、、、と悪循環に陥ってしまいます。

そのような状態になってしまったら、「夜はちゃんと眠りましょう」と意識しても難しいので、体の外側から自律神経に働きかける運動をして、自分でストレスに強い身体にしていきましょう!

自律神経を整えるおすすめの運動

・交感神経を自分で優位にする!

体の前面を開く動作が、交感神経を優位にさせてくれます。
例えば、椅子に座っていてもいいので、両手を頭の先に心地よく伸ばして、すこす後ろに寄りかかるようにすると、自然と胸が開きますよね。
立っていれば、腰の手をあてて、上半身を気持ちよく後屈すると、自然と目が覚めて活動的になります。

ヨガのポーズで言えば、

魚のポーズ


コブラのポーズ
鳩のポーズ

などがおすすめです!

交感神経を自分で優位にする!

逆にリラックスしたい時、副交感神経を優位に働かせたい時は、前屈したりして体の後ろを開く動きがおすすめです。
その時のポイントは“吐く息を長くする”ことです。

ヨガのポーズだと、

チャイルドポーズ

ジャーヌシールシャーサナ

イグアナのポーズなどがおすすめです。

一番大事なことは脊柱にいい刺激を与えること

「忙しくて毎日ヨガのポーズをする時間なんてない」という方がほとんどではないでしょうか?
ヨガのインストラクターをしている私でさえ、自分のケアのために毎日ヨガの時間を撮るのは難しいです。
なので、これだけはやっていただきたいポイントは、“背骨を動かす”ことです。
できれば四つ這いになってキャット&カウができればとてもいいのですが、椅子に座りながらでも上半身を前後に曲げ伸ばししてできますよね^^

神経は脳から脊髄を通って体の隅々に行き渡っています。
ですので、脊髄=背中を動かすことによって神経にいい刺激を与えることができます。
冒頭にお話した、肩・肩甲骨周り・背中のコリは脊柱に通っている神経がバランスよく活動していないために起こっている不調だと思うのです。
さらにはこりが原因で脊柱、神経がバランスよく活動しない、切り替えがうまくうまく行かないといった悪循環を起こさないためにも、自身で背骨を動かしてリセットしましょう!

更に美容の観点からも考えてみましょう。
ストレスがかかると、腸が浮腫んでしまうそうです。
ですので、この時期には特に下半身を中心にねじりながら
内側から良い刺激を入れて
腸活、自律神経の乱れをケアしましょう!

今の時期にぴったりな動画です

おわりに

寒暖差や環境の変化が大きい季節の変わり目を快適に過ごすためには、自律神経のバランスを崩さないようにすることが大切です。何となく体調が優れないと感じている方は、ここでご紹介した対策を取り入れて、毎日の生活を少し見直してみるといいかもしれません。

ヨガのレッスンを気軽に受けてみたいという方には
オンラインのレッスンもあります。